読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windows 10のWindows Defenderを強制的に無効化する

Windows DefenderはWindows Vista(だっけ?)からあってごにょごにょ、昔は無効化できました。

その辺の歴史と無効化の方法は調べれば出ますし、他の方細かく書いてあるので自分がわざわざ解説することはないでしょう。

 

でもWindows 10Windows Defenderを恒久的に停止させる方法はどこにも書いてありません。

見つかっても設定から一時的に無効にする方法だけです。(私のぐぐるスキルが足りない可能性あり)

 

サービスを停止するところからの操作は不可、もちろんコマンドプロンプトでサービスを操作するコマンドを発行してもアクセス拒否。

スタートメニューの設定からたどり着ける項目では無効化ができる!と思いきや再起動したら有効化されちゃいます。

 

とりあえず無効化しましょう。

まず、Microsoft謹製ツールの「Autoruns」を入手しましょう。

管理者権限が必要です。

 

起動できたらoption押して画像のような感じにする。

f:id:dormirarp:20160812181436p:plain

お次はServiceタブを押してフィルターに下の画像通りの文字列を入れたらヒットするはずなのでチェックを外して作業完了です。

f:id:dormirarp:20160812182115p:plain

でもこれ悪意のあるユーザーにやられちゃったら・・・できるのかな。